テクノとかエレクトロとか

クラブミュージック全般について書きたいです。

The Man-Machine / Kraftwerk(78)

 

ザ・ロボッツ

ザ・ロボッツ

 

1.The Robots<ロボット>

2.Space lab<スペースラボ>

3.Metropolis(メトロポリス

4.The Model<モデル>

5.Neon Lights<ネオン・ライツ>

6.The Man Machine<マン・マシーン>

 

邦題「人間解体」

1978年5月発売 [独12位/英9位/米130位]

 

軽みに至る

 

ジャケットの強烈なインパクトが象徴するように彼らにとって最も有名なアルバムで、エレクトロポップの一つのスタンダードを築き上げた金字塔的な1枚です。他のアーティストに与えた影響も大きく、その後のイギリスではニュー・ロマンティックと呼ばれるシンセポップバンドが多く登場し、日本ではテクノポップというワードを生むきっかけとなりました。ロックの歴史の中でもよく取り上げられるのを見かけます。

 

曲のタイトルからロボットや宇宙などのSF的なテーマが見えてきますが、本作の大きな特徴は人間(Man)と機械(Machine)との理想的なコミュニケーション、正にクラフトワークのこれまでの活動そのものがコンセプトになっている所にあります。ダンサンブルなマシンビートとサウンドメイキングは更に洗練され、電子サウンドならではの感覚的な快楽を与えてくれます。そしてこれまでにあった機械の「無機質」や「冷たい」イメージとは対照的に非常に「感情的」な印象すら感じさせます。アメリカのDJアフリカ・バンバータが彼らをファンキーだと評したり、このアルバムのミキシングエンジニアの1人であったリーナード・ジャクソンが「彼らに出会うまでは黒人4人組のミュージシャンだと思ってた。」と言わせたのは、彼らの機械を通してのソウルフルな表現とビート、リズムの誠実な扱い方から感じたからなのではないかと思っています。

 

「Autobahn」や「Trance Europe Express」などこれまでのアルバム中でのメインとなる楽曲などは存在せず、 6曲全て同様の質感で出来ている所も本作だけの特徴です。敢えて言うならクラフトワークというバンドを象徴するM1「The Robots」、切な美しくもキャッチーなメロディーが印象的なM4「The Model」、シンセサウンドの重なりが気持ち良いM5「Neon Lights」などが聴きどころでしょうか。

 

パンクロック・ムーブメント終焉で新しいものを求めていたリスナーと、遂に決定的な研究成果を発表するタイミングだったクラフトワークの2つのバイオリズムが見事に合致し、正に売れるべくして売れた歴史的名盤。クラフトワークを初めて聴く方でもエレクトロポップサウンドの面白さを十分に感じられるのではないでしょうか。

 

ザ・モデル

ザ・モデル